生年月日データベース

戸田城聖とだじょうせい

宗教家、創価教育学会 初代理事長[日本]

(本名・戸田甚一)

1900年 2月11日

1958年 4月2日 死去享年59歳
戸田城聖 - ウィキペディアより引用

戸田 城聖(とだ じょうせい、1900年〈明治33年〉2月11日 - 1958年〈昭和33年〉4月2日)は、日本の宗教家、教育家、実業家。
創価教育学会理事長(初代)、創価学会会長(第2代)、法華講総講頭などを歴任した。
出生名、戸田 甚一(とだ じんいち)。
数度の改名を経て「城聖(じょうせい)」と名乗る。
戒名は、大宣院法護日城大居士。
1900年(明治33年)2月11日 - 石川県加賀市塩屋に、北前船の仲買商の父「甚七」と母「すえ」の七男「甚一」として誕生。
1902年(明治35年) - 一家で北海道厚田村へ移住。
1908年(明治41年) - 厚田尋常小学校に入学する。
1917年(大正6年) 小学校の准教員資格試験に合格する。
2月22日 - 「桜桃」と改名。
それ以前には「桜心」と改名している。
11月20日 - 「清通」と改名。
1918年(大正7年) 5月3日 - 「雅晧」と改名。
夕張の真谷地尋常小学校の代用教員として採用される。
12月 - 夕張の真谷地尋常小学校の正教員試験に合格する。

関連書籍

とだじょうせい [生]1900.2.11.石川[没]1958.4.2.創価学会第2代会長。19歳で上京し,牧口常三郎が校長をしていた小学校に教師として採用され,以後彼を師と仰いだ。相次ぐ妻子の死を経て,真宗,キリスト教を遍歴したのち,1928年牧口とともに日蓮正宗に入信した。30年,牧口を会長に創価教育学会を設立,出版業をはじめ多角的事業経営へ乗出すが,反国家的とみなされて43年,牧口とともに投獄された。第2次世界大戦後,獄死した牧口の志を継ぎ,学会を創価学会として再建,理事長に就任する。51年に会長となり,折伏(しゃくぶく)による布教活動のかたわら,反核・平和運動を唱えた。著書に『生命論』(1949),『王仏冥合論』(56)など。 (引用元 コトバンク)