生年月日データベース

高梨沙羅たかなしさら

女子スキージャンプ選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手、ノーマルヒル銅メダル獲得)

1996年 10月8日 生 (満23歳)

高梨沙羅 - 女子スキージャンプ選手

高梨沙羅(たかなし さら、1996年10月8日 - )は、日本の女子スキージャンプ選手である。
2014年ソチオリンピック日本代表。
2013年世界選手権混合団体金メダリスト、個人銀メダリスト。
スキージャンプ・ワールドカップで女子歴代最多の44勝、シーズン個人総合優勝3回。
北海道上川郡上川町出身。
上川町立上川中学校から旭川市のグレースマウンテンインターナショナルスクールに進み、2014年に日本体育大学に飛び入学の形で入学した。
父は元ジャンプ選手の高梨寛也で、兄もジャンプ選手で2015年ユニバーシアード代表でTBS記者の高梨寛太。
小学校2年生からアルペン用スキーでジャンプをやっていたが、本格的に取り組むようになったのはテレビの映像で山田いずみ、渡瀬あゆみが飛ぶ姿を見て、地元のジャンプ少年団に入ってからである。
2009年3月3日、蔵王で行われたスキージャンプ・コンチネンタルカップに初出場(19位)。
2010年3月2日の蔵王大会で初の3位入賞。
2010/2011シーズン ラムサウ(オーストリアの旗 オーストリア)で2月19日に行われたコンチネンタルカップで、国際スキー連盟公認大会での女子選手史上最年少優勝を記録。

関連商品