生年月日データベース

ニコラ・サルコジNicolas Paul Stephane Sarkozy de Nagy-Bocsa

政治家大統領[フランス]

1955年 1月28日 生 (満64歳)

ニコラ・サルコジ - ウィキペディアより引用

ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(フランス語: Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa、1955年1月28日 - )は、フランスの政治家。
第23代フランス大統領(フランス第五共和政)(2007年5月16日 - 2012年5月14日)およびアンドラ公国の共同大公。
前国民運動連合党首。
フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。
ユダヤ人を母に持つハンガリー移民2世で、ともにアメリカですら例のない移民2世、ユダヤ系の大統領の誕生はフランスの多民族国家化を強く印象づけた。
本人はカトリック信者である。
尊敬する政治家としてイギリスのトニー・ブレアを挙げたほか、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニを「政治家としての手本」としており、大統領当選時に真っ先に電話するなど親密な関係で知られる。
生い立ち パリ出身。
子供時代をパリ17区、次いでヌイイ=シュル=セーヌで過ごす。
父方はハンガリー・アラッチャーン(Alattyán)の下級貴族の家系。

フランスの政治家。1955年1月28日生まれ。フルネームはニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ。フランス国民の直接投票で大統領が選出されるようになった1958年以降、6人目のフランス大統領。大統領在任期間は2007年5月16日~12年5月14日。フランスの検察当局は14年7月2日、汚職と権力乱用の容疑で事情聴取のためサルコジ氏を訴追。同氏は仏当局に身柄を拘束された。フランスの大統領経験者が身柄を拘束されるのは史上初。 (2014-7-4) (引用元 コトバンク)