生年月日データベース

野口悠紀雄のぐちゆきお

経済学者[日本]

1940年 12月20日 生 (満79歳)

野口 悠紀雄(のぐち ゆきお、1940年12月20日 - )は、日本の元官僚、経済学者。
専門は、日本経済論、ファイナンス理論。
一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学教授を経て、早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。
行政法学者の野口貴公美(中央大学法学部教授、博士(法学)(一橋大学))は実子。
幼いころに父親がフィリピンで戦死し、母親に育てられる。
都立日比谷高校卒業 1963年 東京大学工学部卒業 同大学大学院工学系研究科修士課程へ入学 1964年 大学院を中退し、大蔵省(現・財務省)に入省。
同期には野田毅、田波耕治、秋山昌廣、涌井洋治など 1968年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)より経済学修士号取得 1972年 イェール大学より経済学博士号取得 帰国後大蔵省に戻ったのち文部省に出向 1974年 埼玉大学教養学部助教授(大蔵省より出向) 1978年 一橋大学経済学部助教授 1981年 一橋大学経済学部教授 1996年 東京大学先端科学技術研究センター教授 1999年 東京大学先端経済工学研究センター長 東京大学先端経済工学研究センター長を最後に退官 2000年 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授 2004年 スタンフォード大学客員教授、一橋大学名誉教授 2005年4月 早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授 2011年4月 早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問 大蔵省在職中の1967年に政府主催明治100年記念論文最優 ……

関連書籍

のぐち-ゆきお 1940-昭和後期-平成時代の経済学者。昭和15年12月20日生まれ。39年大蔵省にはいるが,のち埼玉大助教授などをへて56年一橋大教授。平成8年東大先端科学技術研究センター教授,11年同大先端経済工学研究センター長。公共経済学を専攻し,財政問題や土地問題などに幅ひろく発言する。東京出身。東大工学部卒。著作に「バブルの経済学」「一九四○年体制」「「超」整理法」など。 (引用元 コトバンク)

「野口悠紀雄」と関連する人物