生年月日データベース

マリ・キュリーMaria Skłodowska-Curie

化学者物理学者[ポーランド→フランス]

1867年 11月7日

1934年 7月4日 死去享年68歳
マリ・キュリーの名言
人生には恐れるものは何もない。あるのは、理解されるものだけだ。
Nothing in life is to be feared. It is only to be understood.
 - ウィキペディアより引用

マリア・サロメア・スクウォドフスカ=キュリー(ポーランド語: Maria Salomea Skłodowska-Curie, 1867年11月7日 - 1934年7月4日)は、現在のポーランド(ポーランド立憲王国)出身の物理学者・化学者である。
フランス語名はマリ・キュリー(Marie Curie、ファーストネームは日本語ではマリーとも)。
キュリー夫人 (Madame Curie) として有名である。
1867年11月7日、ワルシャワ生まれ。
放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任した。
1909年、アンリ・ド・ロチルド (1872-1946年) からキュリー研究所を与えられた。
放射能 (radioactivity) という用語は彼女の発案による。

関連商品

マリ・キュリーさんが誕生してから、154年と25日が経過しました。(56274日)
亡くなってから、87年と152日が経ちました。(31929日)
24345日間 生きました。