生年月日データベース

ウィラード・ギブズJosiah Willard Gibbs

数学者物理学者[アメリカ]

1839年 2月11日

1903年 4月28日 死去享年65歳
ウィラード・ギブズ - ウィキペディアより引用

ジョサイア・ウィラード・ギブズ(Josiah Willard Gibbs, 1839年2月11日 - 1903年4月28日)はアメリカコネチカット州ニューヘイブン出身の数学者・物理学者・物理化学者で、エール大学(イェール大学)教授。
熱力学分野で熱力学ポテンシャル、化学ポテンシャル概念を導入し、相平衡理論の確立、相律の発見など、今日の化学熱力学の基礎を築いた。
統計力学の確立にも大きく貢献した。
ギブズ自由エネルギーやギブズ-デュエムの式、ギブズ-ヘルムホルツの式等にその名を残している。
ベクトル解析の創始者の一人として数学にも寄与している。
ギブズの科学者としての経歴は、4つの時期に分けられる。
1879年まで、ギブズは、熱力学理論を研究した。
1880年から1884年までは、ベクトル解析分野の研究を行った。
1882年から1889年までは、光学と光理論の研究をした。
1889年以降は、統計力学の教科書作成に関わった。
なお、彼の功績を称えて、小惑星(2937)ギブズが彼の名を取り命名されている。
生涯 少年/青年期 ギブズは、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンで生まれ、同地で死亡した。