生年月日データベース

奈良原一高ならはらいっこう

写真家[日本]

1931年 11月3日 生 (満87歳)

奈良原 一高(ならはら いっこう、1931年11月3日 - )は日本の写真家。
福岡県大牟田市に生まれる。
本姓は楢原。
1950年、松江高校卒業。
1954年、中央大学法学部を卒業し、早稲田大学大学院芸術専攻(美術史)修士課程に入学。
前衛美術に傾倒し、1955年には、池田満寿夫、靉嘔らが結成したグループ「実在者」に参加。
1956年、初個展「人間の土地」で、大きな反響を呼んだ。
1958年、個展「王国」で日本写真批評家協会賞新人賞を受賞。
1959年、東松照明・細江英公・川田喜久治・佐藤明・丹野章と、写真家によるセルフ・エージェンシー「VIVO」を結成(1961年解散)。
『ヨーロッパ・静止した時間』(1967)で、日本写真批評家協会賞作家賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞を受賞。
1986年「ヴェネツィアの夜」に対して、日本写真協会年度賞を受賞。
1996年に紫綬褒章を受章。
2002年、パリ写真美術館で、2004年、東京都写真美術館で回顧展が開催されるなど、国内外で高く評価されている。
2006年、旭日小綬章受章。
作品 人間の土地(1956) ヨーロッパ・静止した時間(1967) ジャパネスク(1970) 王国(1971) 消滅した時間(1975) ヴェネツィアの夜(1985) ポケット東京(1997) 日本の写真家31 奈良原一高 (1997)岩波書店 参考文献 「手のなかの空 奈良原一高 1954-2004」 2010年7月30日~9月13日(島根県立美術館) 図録 増田玲・小林美香・三輪健仁 『奈良原一高 王国』 東京国立近代美術館、2014年。

【ならはらいっこう】 写真家。福岡県大牟田市生れ。1954年中央大法学部卒。鹿児島県桜島の火山灰地にある黒神地区と人工の炭鉱島端島(通称,軍艦島)を舞台とした《人間の土地》(1956年個展)が,従来のドキュメンタリーを超えた作品として写真界の一部で圧倒的な支持を受ける。以降,独自の華麗な映像表現を追求。1959年,早稲田大大学院美術史修士課程修了。同年,細江英公,東松照明らと写真家によるセルフ・エージェンシー〈VIVO〉を結成。写真集に《ヨーロッパ・静止した時間》(1967年),《スペイン・偉大なる午後》(1969年),《ジャパネスク》(1970年),《消滅した時間》(1975年),《ベネツィアの夜》(1987年),《空》(1994年)などがある。 (引用元 コトバンク)