生年月日データベース

鈴木章すずきあきら

化学者[日本]

1930年 9月12日 生 (満89歳)

 - ウィキペディアより引用

鈴木 章(すずき あきら、1930年9月12日 - )は、日本の化学者。
学位は理学博士。
称号は北海道大学名誉教授、むかわ町特別名誉町民。
日本学士院会員。
北海道胆振総合振興局管内鵡川町(現むかわ町)出身。
北海道江別市在住。
1979年、芳香族化合物の合成法としてしばしば用いられる反応の一つである「鈴木・宮浦カップリング」を発表、金属のパラジウムを触媒として、炭素同士を効率よく繋げる画期的な合成法を編み出したことで2010年にノーベル化学賞を受賞した。
経歴・人物 1930年(昭和5年)北海道鵡川村(現むかわ町)に生まれる。
家業の理髪店が父の急死により店じまいし、母が衣類の行商をしながら学費を捻出して、自身も働きながら大学を卒業した苦学生であった。
むかわ町内には現在弟夫婦が暮らしており、シシャモの販売店を営んでいる。
鵡川国民学校(いまの鵡川中央小学校)から旧制中学に進み、苫小牧高等学校(現北海道苫小牧東高等学校)、北海道大学理学部化学科卒業。
1959年(昭和34年)北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了後、北海道大学理学部助手に就任。

関連書籍

ミュージック

すずきあきら [生]1930.9.12.北海道,鵡川日本の有機合成化学者。1960年北海道大学理学研究科博士課程を修了,同工学部助教授となる。1963年アメリカ合衆国のパーデュー大学博士研究員としてハーバート・C.ブラウン教授に有機ホウ素化学を学ぶ。1965年帰国後,1973年に北海道大学教授となり1994年退官,名誉教授となる。京都大学の熊田誠,玉尾皓平,パーデュー大学の根岸英一らのクロス(交差)カップリング反応に続いて,1979年に宮浦憲夫らと有機ホウ素化合物とパラジウム触媒を用いて,2種の有機化合物を炭素‐炭素結合で生成させ,より複雑な有機分子をつくる,いわゆる鈴木=宮浦クロスカップリング反応の生成に成功した。この反応は,それまでのクロスカップリング反応に比べ,より穏やかな条件でより幅広い対象に応用でき,製品に毒性も少ないという特徴をもつ。特に2個のベンゼン環を炭素結合で結んだビアリール化合物の合成には有効である。工業的な応用例は数多く,医薬品,農薬,液晶,有機発光ダイオードなどの合成に使われている。2010年に「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」でノーベル化学賞をリチャード・F.ヘック,根岸とともに受賞。 (引用元 コトバンク)