生年月日データベース

笹路正徳ささじまさのり

音楽プロデューサー[日本]

1955年 5月3日 生 (満64歳)

笹路 正徳(ささじ まさのり、1955年5月3日 - )は、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、鍵盤楽器奏者である。
日本のポップス・グループスピッツのプロデュース、松田聖子への楽曲提供、フュージョンやジャズ音楽での編曲・演奏、アニメやドラマの音楽の担当など幅広い分野で活動している。
群馬県高崎市出身で、小学校のときにピアノを習い、その後ポピュラー音楽系のギターを始める。
東京学芸大学附属高等学校在学中のころキーボードに転じ、慶應義塾大学に進学し同大学のジャズ研究会でジャズ・ピアノの研鑚を積む。
モダン・ジャズの奏法を習得したのち、当時盛行していたフュージョン音楽分野を中心として活動する。
1980年、ビーイングに所属していた時期に、清水靖晃・土方隆行・渡辺モリオ・村川ジミー聡・山木秀夫らとジャズ・フュージョン系のグループ「マライア」を結成。
アルバム『YENトリックス』でデビューし『マージナル・ラブ』等のアルバムを残す。
この時代の笹路のソロ名義のアルバムに『HOT TASTE JAM』と『HELL-TER SKELTER』がある。

映像作品

関連書籍

ミュージック