生年月日データベース

國母和宏こくぼかずひろ

男子スノーボード選手、指導者[日本]

1988年 8月16日 生 (満31歳)

國母 和宏(こくぼ かずひろ、1988年8月16日 - )は、日本のスノーボード選手及び指導者。
アメリカ合衆国カリフォルニア州在住。
全日本スキー連盟スノーボード技術コーチ(2013-2014シーズン)。
北海道石狩市出身に生まれ育ち、4歳の時にスキー場で初めてスノーボードを目にし、父親に頼み込んで始めたという。
1992年当時は子供用のスノーボードが無かったので、大人用のスキー板を使って父親が自作してくれたスノーボード板でスノーボードを始めた。
子供の頃からバックカントリー等を滑り、世界に通用する独特のスタイルを身につけていく。
石狩市立生振小学校在校中に史上最年少の11歳でプロ試験に合格。
12歳でバートン・スノーボードとプロ契約をし、国内外での選手活動を本格化させる。
登別大谷高校に進学すると三大国際大会の一つであるFISワールドカップのサースフェー大会(スイス)で優勝するなど頭角を現していく。
高校卒業後は北海道東海大学に進学(在学中に東海大学に統合)して選手活動を継続する。
選手として 2003年、世界最大規模のスノーボード大会バートン・グローバル・オープンの一つ全米オープンにて14歳ながら2位となり、注目を浴びる。

映像作品

こくぼ-かずひろ 1988-平成時代のスノーボード・ハーフパイプ選手。昭和63年8月16日生まれ。4歳でスノーボードをはじめる。平成12年小学生でプロ資格を取得。平成15年中学2年でワールドカップ(W杯)に参戦。15-16年シリーズW杯総合12位となる。17年W杯スイス・ザースフェー大会でW杯ハーフパイプ初優勝。18年トリノ冬季五輪に登別大谷高2年で出場して23位。19年スイス・アローザでの世界選手権で2位。22年バンクーバー冬季五輪では服装・発言問題で批判を浴びるなか,8位に入賞した。25年全日本スキー連盟全日本チーム技術アドバイザー。北海道出身。東海大卒。 (引用元 コトバンク)