生年月日データベース

信長貴富のぶながたかとみ

作曲家、編曲家[日本]

1971年 5月16日 生 (満49歳)

信長 貴富 (のぶなが たかとみ、1971年 - )は日本の作曲家。
東京都出身(出生地は兵庫県西宮市)。
1994年上智大学文学部教育学科卒業後、世田谷区役所職員を経て1997年に作曲家として独立する。
作曲は独学であり、ピアノ他音楽の専門教育を受けた経験もない。
大学在学時より全日本合唱連盟の主催する「朝日作曲賞」に何度も入選しているほか、2001年、第70回日本音楽コンクール作曲部門(室内楽)にて2位を受賞している。
合唱活動を長く続けていたこともあり、作品は合唱曲が大部分であるが、歌曲や器楽曲にも積極的に取り組んでおり、ピアノ独奏のための「プレリュード」は、ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲に選ばれている。
作品の特徴 親しみやすい小品から、無調的な作品まで、幅広い作風を持つ。
ポップス的なリズム・和声を多用していることが特徴。
また、三善晃や鈴木輝昭から強く影響を受けている(ヴォカリーズにおけるB.F.やB.O.といった表記の採用、いわゆる「三善アクセント」を好んで使う点、詩人のチョイスなど)。