生年月日データベース

ミシェル・プラティニMichel Platini

男子サッカー選手、FIFA役員[フランス]

1955年 6月21日 生 (満64歳)

ミシェル・プラティニ - ウィキペディアより引用

ミシェル・プラティニ(Michel Platini, 1955年6月21日 - )はフランス出身の元サッカー選手、元サッカー指導者。
欧州サッカー連盟 (UEFA) 会長、元国際サッカー連盟 (FIFA) 副会長、フランスサッカー連盟 (FFF) 副会長。
サッカーフランス代表のエースとして1984年のUEFA欧州選手権において同国に初の国際タイトルをもたらした1980年代を代表するサッカー選手の一人であり、1950年代のレイモン・コパや1990年代のジネディーヌ・ジダンと共にフランスサッカー史に名を残す選手である。
愛称「Le Roi」は直訳すれば「王」だが、日本では「将軍」と意訳されることが慣例化している。
生い立ち プラティニは1955年 6月21日にドイツの国境に近いロレーヌ地方ムルト・エ・モゼル県のジェフという貧しい製鋼の町にイタリア系移民の家庭の子として生まれる。
プラティニ家は、もともとは、イタリアのピエモンテ州とロンバルディア州の州境となっているノヴァーラ山の中腹にある町、アグラーテ・コントゥルビアの出身だったが、祖父のフランチェスコ(左官工)が、職を求めてロレーヌに移民した。

元サッカー選手、元サッカー指導者。1955年6月21日、フランス生まれ。72年、「ASナンシー」(フランス)に入団し、76年には、フランス代表に初選出された。79年「ASサンテティエンヌ」(フランス)に移籍、82年~87年には「ユヴェントスFC」(イタリア)で活躍した。ワールドカップには78年~86年まで3大会連続で出場、14試合で5得点を挙げ、フランス代表としては計72試合に出場し41得点を挙げた。83年・84年・85年にバロンドール(欧州年間最優秀選手)を獲得するなど、80年代を代表するサッカー選手として“ナポレオン”“将軍”“右足の魔術師”と称された。87年5月に現役を引退し、88年~92年、フランス代表監督を務める。2007年、UEFA会長に就任し、11年に再任された。同年に不透明な金銭授受を巡る疑惑が発生し、15年11月、FIFAの倫理委員会が永久活動停止処分を求めていることが報じられた。 (2015-11-26) (引用元 コトバンク)