生年月日データベース

武内英樹たけうちひでき

映画監督演出家[日本]

1966年 10月9日 生 (満53歳)

武内 英樹(たけうち ひでき、1966年10月9日 - )は、フジテレビジョン フジテレビドラマ制作センター所属のテレビドラマ演出家、プロデューサー]、映画監督。
早稲田大学卒業、1990年入社。

河毛俊作、永山耕三等の下で演出補を数年間担当。
1996年、『みにくいアヒルの子 (テレビドラマ) みにくいアヒルの子』で初演出。
以後、数多くのテレビドラマの演出を手掛ける。

『神様、もう少しだけ』では主演の金城武の「全身から表現される演技を見せたい」(本人談)として引いた形の映像を多用、他にも深田恭子への熱心な演技指導なども評価され、第18回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞で監督賞を受賞。
他にも同ドラマでは沖縄県慶良間諸島で撮影を行ったオープニング映像が評価を受け、タイトルバック賞を受賞。
この他にも第22回では『彼女たちの時代』でリアリティーがあると言われた映像が評価され2度目の監督賞、第51回では『のだめカンタービレ (テレビドラマ) のだめカンタービレ』で、原作のファンも納得と言われた映像が支持を受け4度目の監督賞(「電車男」でも受賞)、そして同ドラマの最終回でルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ベートーヴェンの交響曲第7番 (ベートーヴェン) 交響曲第7番を流した他、心情をクラシック音楽で表現したということが評価され「電車男」に続き2度目の『音楽賞』を受賞した。
また世界のドラマの祭典ソウルドラマアワード2007において「のだめカンタービレ」で最優秀監督賞、最優秀音楽監督賞、最優秀作品賞を受賞。
最優秀監督賞は日本人初。
(参考:『別冊ザテレビジョン 連ドラ10年史』)。

テレビドラマ演出家。映画監督。 1966年(昭和41年)10月9日、生まれ。 (引用元 Hatena Keyword)