生年月日データベース

山内久やまのうちひさし

脚本家[日本]

1925年 4月29日

2015年 9月29日 死去老衰享年91歳

山内 久(やまのうち ひさし、1925年4月29日 - 2015年9月29日)は東京府〈現・東京都〉出身の脚本家。
父は弁士の山野一郎(本名:山内幸一)、兄は俳優の山内明、弟は作曲家の山内正、妻は脚本家の野田高梧の娘で脚本家の立原りゅうである。
作曲家の小杉太一郎は義弟(妹の夫)、エッセイストの山内美郷は姪(兄の子)にあたる。
脚本を担当した「幕末太陽伝」(日活、1957年)の公開時はまだ松竹に在籍していたため、「田中啓一」というペンネームを使用しており、「盗まれた欲情」「果しなき欲望」(共に日活、1958年)の際には「鈴木敏郎」というペンネームを使用している。

関連商品