生年月日データベース

梅崎春生うめざきはるお

作家[日本]

1915年 2月15日

1965年 7月19日 死去享年51歳
梅崎春生の名言
どのみち死なねばならぬなら、 私は、なっとくして死にたいのだ
 - ウィキペディアより引用

梅崎 春生(うめざき はるお、1915年(大正4年)2月15日 - 1965年(昭和40年)7月19日)は、日本の小説家。
海軍体験を基にした『桜島』の成功で第一次戦後派の代表的存在となった。
戦争物のほか、人間心理の暗闘を戯画的に描いた市井事物でも評判を呼び、作家としての地位を確立。
「第三の新人」の先駆とも目されたが、やがて心身不調となり、『幻化』を遺して没した。

関連商品

梅崎春生さんが誕生してから、106年と220日が経過しました。(38937日)
亡くなってから、56年と66日が経ちました。(20520日)
18417日間 生きました。