生年月日データベース

右代啓祐

陸上十種競技選手[日本]

1986年 7月24日 生 (満33歳)

 - ウィキペディアより引用

右代 啓祐(うしろ けいすけ、1986年7月24日 - )は、日本の陸上競技選手。
専門は十種競技で現在の日本記録保持者。
北海道江別市出身。
国士舘大学体育学部卒業、国士舘大学大学院スポーツ・システム研究科博士課程在学中。
スズキ浜松アスリートクラブ所属。
身長196cm。
体重95kg。
血液型A型。
なお、「祐」のしめすへんは旧字体である。
競技経歴 小学校時代はドッジボール少年団に所属していた。
大麻東中学校で陸上部に属し、1年生でハードル走、2年生で100m、砲丸投、走高跳の三種競技Aに取り組んだ。
1年で168cmだった身長が2年で183cm、3年で188cmと急激に伸び、膝の痛みを誘発するオスグッド病によって思い切り練習ができなかったという。
中学では通信陸上北海道大会での走高跳3位が最高位。
札幌第一高等学校の大町和敏監督に推薦入学の打診を受け同校へ入学。
成績は1年生でインターハイ北海道地区大会・走高跳9位。
秋の新人戦ではやり投に出場。
走高跳の練習中に骨盤を剥離骨折し、1年生の冬季はウエイトトレーニングしか練習できなかったという。