生年月日データベース

池添謙一いけぞえけんいち

競馬騎手[日本]

1979年 7月23日 生 (満40歳)

池添謙一 - ウィキペディアより引用

池添 謙一 (いけぞえ けんいち、1979年7月23日) は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の騎手である。
武豊に憧れて競馬学校騎手課程に入学。
初騎乗は1998年3月1日、阪神競馬第2競走のナチュラルカラーで、12頭立ての6着だった。
同年1998年3月14日の中京競馬第1競走でタヤスソシアルに騎乗し、初勝利を挙げた。
また、小倉競馬場の改修工事により阪神競馬場で開催された北九州記念をトウショウオリオンで制し、デビュー1年目での重賞初勝利となった。
同年は38勝を挙げ、JRA賞最多勝利新人騎手を受賞した。
2001年7月13日、ドーヴィル競馬場第4レースのHATHAARIで海外初騎乗を果たした。
このレースは武豊が騎乗予定であったが、前のレースで落馬負傷したため、観戦に来ていた池添に急遽騎乗依頼があったもので、騎乗準備をしていなかった池添は、武やオリビエ・ペリエから馬具を借りてレースに臨んだ。

関連書籍

JRA騎手。 1979年7月23日生まれ。1998年騎手免許取得。2002年アローキャリーの桜花賞で初のGI制覇。他、デュランダル、スイープトウショウなどとコンビを組む。2009年はドリームジャーニーで宝塚記念・有馬記念の両グランプリで優勝を果たす。 (引用元 Hatena Keyword)