生年月日データベース

西塚泰美にしづかやすとみ

化学者[日本]

1932年 7月12日

2004年 11月4日 死去享年73歳
西塚泰美 - ウィキペディアより引用

西塚 泰美(にしづか やすとみ、1932年(昭和7年)7月12日 - 2004年(平成16年)11月4日 )は、日本の医学者、生化学者。
神戸大学名誉教授、学長。
医学博士(京都大学、1963年)。
日本学士院会員。
文化勲章受章者。
兵庫県芦屋市生まれ、愛知県名古屋市育ち。
熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)、京都大学医学部卒業。
業績 牛の脳細胞から、タンパク質リン酸化酵素であるプロテインキナーゼCを取り出すことに成功し、その機能を解析した。
これにより、新たな細胞内の情報伝達系が解明され、癌化機構を初めとする様々な生命調節機構が明らかになった。
この業績は、1991年に米国科学情報研究所(ISI)発表の論文引用頻度で7位に挙げられるほど高く評価され、その後の生命科学の進展に多大な影響を与えた。
学歴 1957年3月 - 京都大学医学部卒業 1963年3月 - 京都大学大学院医学研究科博士課程修了 職歴 1962年4月 - 京都大学医学部助手 1964年4月 - 京都大学医学部助教授 1964年7月 - ロックフェラー大学客員研究員 1968年1月 - 神戸大学医学部教授 1980年11月 -生物科学総合研究機構基礎生物学研究所教授併任(1981年4月まで) 1981年4月 - 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所教授併任(1985年3月まで) 1984年11月 -ハーバード大学医学部客員教授 1989年4月 - 神戸大学理学部教授併任(1992年3月まで) 1990年6月 - スタンフォード大学客員教授 1991年8月 - バレンシア細胞研究所(スペイン)客員研究員 1992年4月 - ワシントン大学客員教授 1992年6月 - 神戸大学バイオシグナル研究センター長(1995年2月まで) 1994年4月 - 京都大学ウイルス研究所教授併任(1995年2月まで) 1995年2月 - 神戸大学学長(2001年2月まで 医療技術短期大学部学長兼務(1998年3月まで)) 2001年2月 - 神戸大学名誉教授 2001年4月 - 兵庫県 ……

関連書籍

にしづかやすとみ [生]1932.7.12.兵庫,芦屋[没]2004.11.4.兵庫,神戸生化学者。京都大学医学部卒業。同大助教授を経て1969年から神戸大学医学部教授。この間1964年から1年間ロックフェラー大学客員研究員,1980~85年岡崎国立協同研究機構基礎生物学研究所教授,1984年ハーバード大学医学部客員教授も務めた。神経伝達物質の作用機構の研究に携わり,1977年細胞の外から内へ情報を伝える物質を牛の脳細胞から取り出すことに成功。「蛋白質リン酸化酵素C(プロテインキナーゼC)」と命名されたこの酵素が,情報を伝えるだけでなく情報のあと始末役もすることを解明した。1986年朝日賞,日本学士院賞,1988年文化勲章,1989年アメリカ最高の医学賞ラスカー賞を受賞。 (引用元 コトバンク)