生年月日データベース

椎名桜子しいなさくらこ

作家[日本]

1966年 2月22日 生 (満53歳)

椎名 桜子(しいな さくらこ、1966年2月22日 - )は、日本の小説家、写真家。
成城大学中退。
プロフィール バブル景気最中の1988年にマガジンハウスから『家族輪舞曲(ロンド)』を上梓し、小説家としてデビュー。
翌1989年に『家族輪舞曲』が映画化された際には自ら監督を務めた。
少女時代はモデル業もしており、1980年代にグリコ協同乳業のヨーグルトのコマーシャルに出演している。
また、作家デビュー前には自主映画制作サークルに双子の妹・椎名桂子(ジャーナリスト)とともに所属してその作品に出演していた。
自主映画の監督を務めたこともあり、監督作品である「恋は他人の血の味」は1982年の成城学園高校の学園祭にて上映された。
作家としてメディアに注目された時期は短かったが、その後は趣味のダイビングを生かした水中写真家となったり(一時期、「パシフィックジャパン水中映像協会」の理事であった)、妹と「(株)にじゅうに」という出版社を経営していた。

関連書籍

音楽作品

←佐々木まき絵/龍宮真名→ 「魔法先生ネギま!」に登場する、麻帆良学園中等部2-A(3-A)出席番号17番のクラスメイト。 桜子。 同じチアリーディング部員の、柿崎美砂や釘宮円と行動を共にしていることが多い。初等科一年の頃から麻帆良学園に通っていることが確認でき、小一のクラスメイトだった神楽坂明日菜や雪広あやかとは付き合いが長いようだ。 いつも口を大きく開けて笑っているのが特徴。バクチ運が異様に強い。 麻帆良祭では、美砂、円に加えて和泉亜子を誘って、バンド「でこぴんロケット」を結成。桜子はドラムを担当した。 人気投票では7位→15位→16位→30位→24位→23位。 キャラクター原案は綾永らん。 CVは大前茜。 「ネギま!?」では金髪になった。 ちなみに作家の椎名桜子とはおそらく無関係である。 (引用元 Hatena Keyword)