生年月日データベース

阿部謹也あべきんや

歴史学者・ドイツ中世史[日本]

1935年 2月19日

2006年 9月4日 死去享年72歳

阿部 謹也(あべ きんや、1935年2月19日 - 2006年9月4日)は、日本の歴史学者。
専門はドイツ中世史。
一橋大学名誉教授。
上原専禄門下生で、一橋大学学長、国立大学協会会長等を歴任。
紫綬褒章受章。
長男は生物学者の阿部道生(鶴見大学歯学部准教授)、次男は経済学者の阿部修人(一橋大学経済研究所教授)。
来歴・人物 東京都千代田区生まれ。
早くに父を亡くし、中学時代にカトリック修道生活を送った経験から西洋中世史の研究を志し、一橋大学で上原専禄に師事。
上原の辞職により、大学院では増田四郎の指導を受けた。
また『中世の再発見』での対談で日本の中世民衆史研究に大きな足跡を残した網野善彦と出会い、意気投合。
これをきっかけに家族ぐるみの付き合いにまで発展する。
その後も度々対談などで仕事をともにするなど、その親交は深かった。
小樽商科大学教授、東京経済大学教授を経て、一橋大学社会学部教授。
一橋大学を定年退官後、同名誉教授となり、同大学長。
後年は国立大学協会会長、文化功労者審査会委員、財団法人大学基準協会副会長、大学審議会特別委員、学術審議会委員、 東京都青少年問題協議会副会長(会長:石原慎太郎東京都知事)、大学評価・学位授与機構大学評価委員会委員長等を歴任。

関連書籍

【あべきんや】 西洋史学者。東京都生れ。一橋大学経済学部卒業。小樽商科大学教授,東京経済大学教授を経て,一橋大学教授,学長。国立大学協会会長,共立女子大学学長も務めた。ドイツを中心とするヨーロッパの中世史,被差別民にも焦点を当てた社会史の研究や,独自の視点による日本文化論にも業績を残した。主著に《ドイツ中世後期の世界》《ハーメルンの笛吹き男》《中世を旅する人びと》《「世間」とは何か》《阿部謹也自伝》など。《阿部謹也著作集》全10巻がある。 (引用元 コトバンク)