生年月日データベース

吉田美香よしだみか

囲碁棋士[日本]

1971年 2月12日 生 (満48歳)

吉田美香 - ウィキペディアより引用

吉田 美香(よしだ みか、昭和46年(1971年)2月12日 - )は、日本の囲碁棋士。
大阪府出身、関西棋院所属、水野弘士九段門下。
女流本因坊連続4期など。
手厚く味のよい碁ながら、大胆な着想も持つ。
兄は吉田昇司八段。
4人きょうだいの末っ子として天王寺区の夕陽丘に生まれ育った生粋の浪速っ子、9歳の時に兄昇司の付き合いで、兄の同級生の父である水野弘士九段の囲碁教室に入り囲碁を覚える。
1986年入段。
1993年に女流本因坊戦で加藤朋子に挑戦し、2-1でタイトル獲得、関西棋院で初の女流本因坊となる。
以後4連覇。
関西女流囲碁トーナメント戦では、2002年第1期から4連覇。
2003年に大手合で八段昇段、関西棋院で初、日本棋院を含めても3人目の女性の八段となる。
1994、96年、関西囲碁将棋記者クラブ賞受賞。
1995年、NHK囲碁講座「美香の見合い大作戦」の講師。
同年に大阪で開催されたアジア太平洋経済協力 (APEC) 首脳会議の特別広報委員に選ばれる。
2001年に結婚。
2002年に朝日新聞でエッセイ「棋士のひとりごと」を連載。

関連書籍