生年月日データベース

前野重雄まえのしげお

スポーツグッズ評論家[日本]

1953年 2月11日 生 (満66歳)

前野 重雄(まえの しげお、1953年2月11日 - )は、日本のスポーツグッズ評論家・スポーツグッズ販売店経営者、コラムニスト、ジャーナリスト。
東京都荒川区出身。
台東区立根岸小学校卒。
明治大学付属明治高等学校・中学校中退。
ハワイ州立大学言論学部、世論誘導学科修了。
旧姓は宇野(うの)。
オフィス流体力学所属。
中学3年より雑誌(週刊ポスト・女性セブン・週刊少年ジャンプ)各誌で取材記者を務め、1968年から安保・全共闘などの公安事件中心に写真とルポを報道。
その後ハワイ州立大学言論学部入学にともないハワイ・ホノルル市へ渡り、1969年9月より同地で女性誌芸能誌各誌(契約)の駐在記者をつとめる。
1974年から2年間、ユナイト映画と契約しハリウッドに移住。
16ミリ映画で1970年代のロックシーンを収める(現在のビデオクリップの原型を制作)ため、数々のロックアーティストらに密着・同行しドキュメント撮影する。
父の死後日本へ帰国、以来雑誌取材記者としてプロ野球の舞台裏に関わる。
1991年に「前野兆治」名義で執筆した初の長編小説『川崎ドリーム - 川崎球場に客が来た日』は第1回週刊ジャンプ・小説ノンフィクション大賞で一席入選を受賞した(週刊少年ジャンプ増刊『ジャンプノベル』創刊号掲載)。

関連書籍

「前野重雄」と関連する人物