生年月日データベース

北村茂男きたむらしげお

オリンパス光学工業 元社長[日本]

1915年 2月11日

2002年 3月11日 死去享年88歳

北村 茂男(きたむら しげお、1945年(昭和20年)11月8日 ‐ )は、日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(4期)、環境副大臣(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)。
総務大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第2次安倍内閣)、石川県議会議員(7期)、同議長を歴任した。
藍綬褒章受章(地方自治功労)。
石川県輪島市出身。
石川県立輪島高等学校を経て明治大学経営学部卒業。
旧石川2区選出の衆議院議員稲村左近四郎の秘書を経て、29才の時に石川県議会議員選挙に自由民主党から出馬し初当選。
自民党石川県支部連合会会長や幹事長、政調会長、総務会長を歴任した。
また県議会運営委員長、石川県議会最大会派「拓政会」の会長を務めた。
2003年の第43回衆議院議員総選挙において、石川3区選出の瓦力を自民党が公認することに批判的だったが最終的に容認。
2005年の第44回衆議院議員総選挙では、瓦がコスタリカ方式の導入を条件に比例区転出を承諾したことに伴い、自身が石川3区より出馬し小選挙区で初当選。

石川県議(当選7回)。自民党。 1945年石川県生まれ。明治大学経営学部卒。 1975年4月、石川県議会議員に初当選。 2005年8月、衆院選で国政に挑戦。 2005年8月20日、石川県連からの申請に基づき衆院選石川3区での自民党公認が決定。 (引用元 Hatena Keyword)