生年月日データベース

熊倉一雄くまくらかずお

俳優声優演出家[日本]

1927年 1月30日

2015年 10月12日 死去直腸がん享年89歳

熊倉 一雄(くまくら かずお、本名:同じ、1927年1月30日 - 2015年10月12日)は、日本の俳優、声優、演出家。
テアトル・エコー所属で、亡くなるまで代表取締役演劇担当を務めていた。
来歴・人物 東京府東京市麻布区(現・東京都港区)三ノ橋出身。
父は工作機械のセールスマン。
旧制東京府立第八中学校(現・東京都立小山台高等学校)卒業。
旧制都立高等学校理科(後の東京都立大学理学部、現在の首都大学東京都市教養学部理工学系)在学中、記念祭で催した芝居をきっかけに演劇に興味を持ち始め、同校卒業後の、1949年に劇団感覚座を設立。
しかし多額の負債を抱え込み1年で解散。
1950年東京演技アカデミー楽劇科に入学し、ミュージカルを中心に学ぶが、学校が1年後に倒産。
その後劇団東芸等で俳優活動をしていたが、俳優は向かないと思うようになり、俳優活動を休止する。
1953年開局間もない日本テレビに入社。
スタジオ班に配属され、主にテレビドラマの大道具を担当。
当時は放映されるドラマの数が少なく、セットが完成すると次のドラマの準備まで時間が空くため、その合間に通行人等の端役でドラマにも出演していた。

映像作品

関連書籍

ミュージック

くまくら-かずお 1927-昭和後期-平成時代の俳優,演出家。昭和2年1月30日生まれ。昭和31年テアトル・エコーにはいり,のち代表取締役。井上ひさし作の「日本人のへそ」などを演出・出演。テレビ番組の「ヒッチコック劇場」「ポパイ」「ひょっこりひょうたん島」などで声優としても活躍。43年テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌をうたいヒットさせた。平成23年読売演劇大賞選考委員特別賞。東京出身。都立理工専門学校(現・首都大学東京)中退。 (引用元 コトバンク)