生年月日データベース

南部靖之なんぶやすゆき

パソナ 創業者[日本]

1952年 1月5日 生 (満67歳)

南部 靖之(なんぶ やすゆき、1952年1月5日 - )は、日本の企業家。
パソナ創業者で、代表取締役グループ代表兼社長を務める。
大阪大学大学院国際公共政策研究科客員教授。
兵庫県神戸市出身。
兵庫県立星陵高等学校、関西大学工学部卒業。
学位は工学士(関西大学)。
ベンチャー企業の起業家が一般的ではなかった1970年代当時、ソフトバンクの孫正義、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄とともにベンチャー三銃士と称された。
小泉政権の総務大臣だった竹中平蔵をパソナ社の「取締役会長」及び「アドバイザリーボード」のメンバーとしている。
— 南部 靖之、「日本経済新聞」2005年10月21日付 投資ジャーナル事件で逮捕された中江滋樹とは盟友関係にあった。
また、2014年に覚醒剤取締法違反等の容疑で逮捕されたASKAとその愛人女性との出会いの場となった秘密パーティーの主宰者が南部だった。
関西大学在学中、「家庭の主婦の再就職を応援したい」という思いで卒業を一月後に控えた1976年2月に、労働者派遣事業(当時は「人材派遣」と呼ばれていた)の「テンポラリーセンター」を設立した。

関連書籍

音楽作品

なんぶ-やすゆき 1952-昭和後期-平成時代の経営者。昭和27年1月5日生まれ。関西大卒業直前の昭和51年父栄三郎を社長に人材派遣会社テンポラリーセンター(現パソナ)を設立し,専務。平成3年代表取締役。イベント事業,ベンチャー支援事業など,おおくのニュービジネスを手がける。10年長銀総合研究所を買収し,社会基盤研究所を設立。19年パソナグループ代表取締役グループ代表。兵庫県出身。 (引用元 コトバンク)