生年月日データベース

ルイーザ・メイ・オルコットLouisa May Alcott

作家[アメリカ]

1832年 11月29日

1888年 3月6日 死去享年57歳
ルイーザ・メイ・オルコット - ウィキペディアより引用

ルイーザ・メイ・オルコット(ルイザ、オールコットとの表記もあり、英: Louisa May Alcott [ˈɔːlkɒt, ˈɔːlkət]、1832年11月29日 - 1888年3月6日)は、アメリカの小説家。
家庭小説・少女小説の作家として人気を誇り、高く評価され、『若草物語(Little Women)』(1868年)と第二部(1869年)、その続編(1871年、1886年)の著者として最もよく知られている 。
大人向けの短編小説、扇情小説の作家でもある。
オルコットは、超絶主義者で教育者のエイモス・ブロンソン・オルコットとソーシャルワーカー(民生委員)のアビゲイル・メイ・オルコットの娘であり、現在のペンシルベニア州フィラデルフィアの一部であるジャーマンタウンに生まれた。
一家は1844年にボストンへ移住し、そこで彼女の父は実験的な学校を設立した。
父は理想主義的な哲学の実践者・教育者であったが、家族に対して超然と接し、支配的であり、生活力がなく、経済的にも家庭を守っていたのは母だった。
父の理想の追求は妻と娘たちの様々な犠牲の上に成り立っており、一家は父の挑戦と挫折に従い、また生活苦から転居を繰り返し(30年間で22回)、オルコットは経済的にも精神的にも不安定な境遇で育った。
彼女は生涯、生活力皆無の父に代わって家族を支えるという強烈な決意と義務感を抱いており、若い頃から家計のために働きながら、執筆の仕事を試み続け、1860年代に作家として成功を収めるようになった。
彼女はキャリアの ……

ルイーザ・メイ・オルコットさんが誕生してから、191年と226日が経過しました。(69989日)
亡くなってから、136年と129日が経ちました。(49803日)
20186日間 生きました。