生年月日データベース

野呂邦暢のろくにのぶ

作家[日本]

1937年 9月20日

1980年 5月7日 死去享年44歳

野呂 邦暢(のろ くにのぶ、1937年(昭和12年)9月20日 - 1980年(昭和55年)5月7日)は、日本の小説家。
長崎県長崎市出身。
本名、納所邦暢。
1956年(昭和31年)、長崎県立諫早高等学校卒業。
職を転々とした後、1957年(昭和32年)に佐世保陸上自衛隊入隊。
1965年(昭和40年)、「ある男の故郷」にて第21回文學界新人賞佳作。
1973年(昭和48年)に自らの自衛隊員としての体験を基にした作品『草のつるぎ』が文芸誌『文學界』12月号に掲載され、この作品で翌1974年(昭和49年)第70回芥川龍之介賞受賞。
諫早市を舞台にした小説・随筆を数多く残したが、心筋梗塞により、42歳で急死した。
毎年5月最終日曜日には、野呂を偲び、諌早市上山公園の文学碑の前で「菖蒲忌」が行われる。
なお、芥川受賞作『草のつるぎ』の直筆原稿は没後に古書店を転々としていたが、2014年に長崎県立長崎図書館が購入し所蔵している。
作品 『十一月 水晶』 冬樹社、1973/改題『壁の絵』 角川文庫、1977 『海辺の広い庭』 文藝春秋、1973/『海辺の広い庭』 角川文庫、1978 『鳥たちの河口』 文藝春秋、1973/集英社文庫、1978 『日が沈むのを』 有光株式会社、1974 『草のつるぎ』 文藝春秋、1974/文春文庫、1978 『冬の皇帝』 鶴声居、1975 『恋人』 鶴声居、1975 『一滴の夏』 文藝春秋、1976/集英社文庫、1980 『ふたりの女』 集英社、1977 『王国そして地図』 集英社、1977 『諫早菖蒲日記』 文藝春秋、1977/文春文庫、1985 『諫早菖蒲日記』 梓書院、2010 『失われた兵士たち 戦争文学試論』 芙蓉書房、1977(新版1983) 『戦争文学試論』 芙蓉書房出版、2002 『失われた兵士たち 戦争文学試論』 文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2015 『猟銃』 集英社、1978 『文彦のたたかい』 集英社文庫コバルト ……

関連書籍

DMMメディア

作家(1937-1980)。 長崎県諫早市に暮らす。 高校卒業後、大学受験に失敗し、自衛隊に入隊。 配属となった北海道千歳市での日々を綴った作品「草のつるぎ」で芥川賞を受ける。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 諫早
  • 生涯
  • 長崎市
  • 諫早市
  • 中学校
  • 長崎
  • 上野
  • 京都大学
  • 京都市
  • 作品
  • 入学
  • 失敗
  • 学校
  • 小説家
  • 市立
  • 戦後
  • 投下
  • 銭座
  • 長崎県
  • くにのぶ
  • のうしょ
  • もと
  • ガソリ
  • 一切
  • 一般
  • 下宿
  • 両親
  • 予備校
  • 事業
  • 体験
  • 兄弟
  • 入部
  • 入院
  • 出身
  • 原子爆弾
  • 原爆
  • 叔父
  • 受験
  • 国民
  • 土建
  • 実家
  • 家財
  • 小学校
  • 小説
  • 岩川町
  • 帰郷
  • 応召
  • 文学
  • 文学部
  • 本名
  • 東京
  • 次男
  • 爆発
  • 疎開
  • 目撃
  • 県立
  • 祖母
  • 納所
  • 美術
  • 自ら
  • 自衛隊
  • 興味
  • 舞台
  • 芸術
  • 被害
  • 近く
  • 邦暢
  • 附属
  • 随筆
  • 高校
  • 高等