生年月日データベース

西村賢太にしむらけんた

作家[日本]

1967年 7月12日 生 (満51歳)

■ 関連書籍

小説家。1967年7月12日、東京都生まれ。中学卒業後、様々な仕事を経て、2004年に短編小説『けがれなき酒のへど』(幻冬舎)が文芸誌「文學界」(文藝春秋)に掲載され文壇デビュー。05年、『どうで死ぬ身の一踊り』(講談社)が第134回芥川賞候補・第19回三島由紀夫賞候補となる。06年、「一夜」(『どうで死ぬ身の一踊り』に併録)が第32回川端康成文学賞候補となり、07年、『小銭をかぞえる』(文藝春秋)も第138回芥川賞候補となる。同年、『暗渠の宿』(新潮社)が第29回野間文芸新人賞を受賞。09年、『廃疾かかえて』(新潮社)は二度目の川端康成文学賞候補となった。11年、『苦役列車』(新潮社)で第144回芥川賞を受賞し、以降、メディアに多く登場している。大正時代の私小説作家・藤澤清造を敬愛しており、12年には藤澤の作品を編纂し、解説も加えた『藤澤清造短編集』(新潮社)が出版された。 (2014-2-25) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 単行本
  • アンソロジー
  • 事件
  • 再録
  • 参加
  • 収録
  • 問題
  • 対談
  • 小説
  • 映画
  • 未収録
  • 海外
  • 翻訳
  • 解説
  • 談話
  • 論文
  • 逸話
  • 選集
  • 随筆