生年月日データベース

加藤条治かとうじょうじ

スピードスケート選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手)

1985年 2月6日 生 (満34歳)

加藤条治 - ウィキペディアより引用

加藤 条治(かとう じょうじ、1985年2月6日 - )は、日本のスピードスケート選手。
山形県山形市出身。
日本電産サンキョー所属。
四人兄弟の末っ子。
兄たちの影響でショートトラックからスケートを始め、その後スピードスケートに転向。
北海道や長野県の選手が多数を占めるスピードスケート界では珍しい山形市出身。
山形中央高時代、インターハイ男子500mで三連覇を達成。
日本人選手として史上初めて高校3年時にスピードスケート・ワールドカップ(W杯)代表に選ばれ、2002年12月に初出場した長野大会で3位入賞。
その翌週に中国・ハルビンで行われたW杯では、当時日本スケート界の第一人者だった清水宏保を破り、2位に入る。
2003年1月のソルトレイクシティ大会では34秒88の世界ジュニア新記録を樹立し、同年に34秒75まで更新した。
高校生ながらデビュー以来W杯の表彰台に上がり続け、卒業後は三協精機へ入社。
2005年3月にドイツ・インツェルの屋外リンクで行われた世界距離別選手権で優勝し、2位に入った清水宏保とともにトリノオリンピック代表に内定。

関連書籍

日本の男性スピードスケート選手。日本電産サンキョー所属。 1985年2月6日生まれ。山形県山形市出身。山形県立山形中央高等学校卒業。身長165cm、体重65kg。 男子500m元世界記録保持者。 2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピック日本代表。 男子500mの世界記録保持者として臨んだトリノ五輪は6位と敗れたが、バンクーバー五輪では銅メダルを獲得しリベンジした。 (引用元 Hatena Keyword)