生年月日データベース

中山勝正なかやまかつまさ

ヤクザ、四代目山口組若頭、豪友会初代会長[日本]

1937年 10月25日

1985年 1月26日 死去射殺享年47歳

中山 勝正(なかやま かつまさ、1937年10月25日 - 1985年1月27日)は、日本のヤクザ。
暴力団・四代目山口組若頭、豪友会初代会長、元中井組若頭。
高知県香美郡物部村(後の香美市)出身。
中井組若頭就任まで 昭和12年(1937年)10月25日、高知県香美郡物部村(後の香美市)で生まれる。
その後、中井組・中井啓一組長から盃をもらって中井組の若衆となり、ヤクザの世界に入る。
加えてこの頃、自らも「自動車愛好会」(後の豪友会の前身)を結成し、白タクを資金源にしながら活動を行っていた。
昭和32年(1957年)、中井啓一は高知市議会議員選挙に立候補、中井組若頭の大黒麗夫と高知市松淵町に本拠を置いていた寺田組・寺田貢組長を選挙参謀に据えて初当選を果たす。
その4年後の昭和36年(1961年)1月に実施された市議会議員選挙では再選を目指したが、前回選挙参謀を務めた寺田貢が立候補したことなどもあり、結果的に中井も寺田も落選してしまった。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

連想語句
  • 若頭
  • 山口
  • 中井
  • 就任
  • 暗殺
  • 高知県
  • 作品
  • 問題
  • 昇格
  • 映像
  • 暴力
  • 死去
  • 物部村
  • 田岡
  • 直参
  • 跡目
  • 関連
  • 香美市
  • 香美郡
  • 会長
  • 出身
  • 初代