生年月日データベース

巻上公一まきがみこういち

ミュージシャン・ヒカシュー[日本]

1956年 1月25日 生 (満62歳)

巻上 公一(まきがみ こういち、1956年1月25日 - )は日本の音楽家、プロデューサー。
作詞、作曲家であり、歌手に留まらないヴォイスパフォーマーとして国際的に知られている。
演奏は、口琴、テルミンなどの特殊なものから、コルネット、ベース、エレクトロニクスなど複数の楽器をこなす。
静岡県熱海市出身。
神奈川県立小田原高等学校卒。
ノンジャンルなバンド「ヒカシュー」のリーダーである。
デビュー当時は「テクノ御三家」の一つにも数えられたが、例外を作り出す音楽を真骨頂としている希有なバンドとして長期的に活動している。
自らをパタフィジックソングとインプロのグループと定義している。
中学校時代、美術部で井上誠と知りあう。
当時は8ミリフィルムのスクラッチング作品を作っていた。
高校時代、戸辺淳(哲の兄)と劇団ユリシーズを結成。
海琳正道(現・三田超人)を劇団の活動に引き抜く。
その他に、3年間新聞部の部長も務め、パトス派ながら、全国大会2位。
首都圏最優秀など軒並み受賞する。
その後輩に後に「フールズメイト」を創刊する北村昌士がいた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 作品
  • 音楽
  • テクノ
  • ヒカシュー
  • アルバム
  • イン
  • コルネット
  • テルミン
  • パタフィジック
  • パフォーマンス
  • パフォーマー
  • プロ
  • ボイス
  • ヴォイス
  • 前衛
  • 口琴
  • 御三家
  • 演出
  • 演劇
  • 演奏
  • 熱海市
  • 講座
  • 静岡県
  • エレクトロニクス
  • グループ
  • ジャズ
  • デビュー
  • バンド
  • フリー
  • ベース
  • ポップ
  • リーダー
  • ロック
  • 一つ
  • 例外
  • 出身
  • 即興
  • 名前
  • 哲学
  • 定義
  • 巻上
  • 当時
  • 形而上学
  • 悲歌
  • 楽器
  • 武満徹
  • 活動
  • 特殊
  • 真骨頂
  • 自ら
  • 自身
  • 証言
  • 長期間