生年月日データベース

河合由貴かわいゆき

バレーボール選手[日本]

1990年 1月22日

河合由貴 - ウィキペディアより引用

河合 由貴(かわい ゆき、女性、1990年1月22日 - )は、日本の元バレーボール選手である。
ニックネームはカイ。
大分県速見郡日出町出身。
実姉の影響で小学校入学前にバレーボールを始め、小学校6年生からセッター専門になる。
東九州龍谷高等学校では3年生時に主将を務め、2006年春高バレー優勝、2007年準優勝。
インターハイ(3位)・国体(優勝・準優勝)に出場したほか、2007年アジアユース選手権(優勝)、世界ユース選手権を経験した。
2007年ワールドカップ大会前に全日本代表に初招集され、日本バレーボール史上初めて平成生まれの代表選手となった。
同大会で代表デビューを果たし、中田久美以来となる高校生セッターとして注目を浴びた。
2008年、JTマーヴェラスに入部。
同年8月、北京オリンピック(チーム最年少メンバー)に出場。
翌9月開催のアジアジュニア選手権で優勝に貢献し、MVP・ベストセッター賞を受賞した。
2011年5月、退社[2]。
球歴 全日本代表 - 2007年- 三大大会出場歴 オリンピック - 2008年 ワールドカップ - 2007年 所属チーム 杵築中 東九州龍谷高等学校 JTマーヴェラス(2008-2011年) 受賞歴 2008年 - 第14回アジアジュニア女子選手権大会 MVP、ベストセッター賞 2010年 - AVCアジアクラブ選手権 ベストセッター 個人成績 Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り。

■ 映像作品

元女子バレーボール選手。ポジションはセッター。 1990年1月22日生まれ。大分県速見郡日出町出身。 身長168cm、体重63kg。最高到達点280cm。 東九州龍谷高等学校高校3年の時、平成生まれとして初の全日本代表入り。2008年北京オリンピック出場も果たした。 2008年、JTマーヴェラスに入団。2011年、JTを退団した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • バレーボール
  • 優勝
  • 学校
  • 高等
  • 所属
  • セッター
  • チーム
  • ユース
  • リーナ
  • ヴィクト
  • 主将
  • 体育大会
  • 個人
  • 全国
  • 受賞歴
  • 大会
  • 大分県
  • 姫路
  • 小学校
  • 成績
  • 日出町
  • 東九州龍谷
  • 準優勝
  • 球歴
  • 速見郡
  • 選手権
  • アジア
  • インターハイ
  • カイ
  • バレー
  • 世界
  • 入学
  • 出場
  • 出身
  • 国体
  • 国民
  • 実姉
  • 専門
  • 影響
  • 春高
  • 競技
  • 経験
  • 総合
  • 選抜