生年月日データベース

マカリオス3世Makarios III

宗教家政治家[キプロス]

1913年 8月13日

1977年 8月3日 死去心臓発作享年65歳
マカリオス3世 - ウィキペディアより引用

マカリオス3世(マカリオス3せい、英語: Makarios III、ギリシア語: Αρχιεπίσκοπος Μακάριος Γ、1913年8月13日 - 1977年8月3日)は、キプロスの政治家、宗教家。
キプロス共和国大統領・キプロス正教会首座主教(大主教)。
本名ミハイル・クリストドゥル・ムスコス(Mihalis Christodoulou Mouskos, Μιχαήλ Χριστοδούλου Μούσκος)。
キプロス正教会はギリシャ正教会同様、コンスタンディヌーポリ全地総主教から独立した独立教会である。

マカリオス3世さんが誕生してから、110年と336日が経過しました。(40514日)
亡くなってから、46年と346日が経ちました。(17148日)
23366日間 生きました。