生年月日データベース

ルイス・リーキーLouis Seymour Bazett Leakey

人類学者[ケニヤ]

1903年 8月7日

1972年 11月1日 死去享年70歳

ルイス・シーモア・バゼット・リーキー(Louis Seymour Bazett Leakey、1903年8月7日 - 1972年11月1日)は、ケニヤの古人類学者。
アフリカにおける人類の進化の解明に大きな貢献をした。
またアフリカでの研究と自然保護のための組織の創設に中心的な役割を果たした。
古人類学と霊長類学の次の世代の研究者を育てた。
自然科学者としてリーキーはチャールズ・ダーウィンの見解を強く支持し、人類はアフリカで進化したと言うダーウィンの仮説を証明しようと試みた。

ルイス・リーキーさんが誕生してから、119年と54日が経過しました。(43519日)
亡くなってから、49年と333日が経ちました。(18230日)
25289日間 生きました。