生年月日データベース

内山安二うちやまやすじ

漫画[日本]

1935年 6月21日

2002年 9月2日 死去大腸がん享年68歳

内山 安二(うちやま やすじ、1935年6月21日 - 2002年9月2日)は日本の漫画家。
熊本県水俣市出身。
代表作に『コロ助の科学質問箱』など。
1953年から1954年にかけて『漫画少年』投稿欄の常連で、つげ義春と文通していた。
同誌1954年8月号以降は3号続けて『長屋大平記』(出典ママ)などの作品を依頼されている。
1954年、毎日新聞社に入社。
西部本社の毎日小学生新聞西部編集部に配属され、大阪本社から電送された手塚治虫の作品の修正を手掛けたのを切っ掛けに、毎日小学生新聞に自ら漫画を描き始める。
毎日新聞社を退社後は、プロの漫画家に転向し、主に学習漫画をメインとした作品を数多く発表した。
以来、学習・教育漫画の第一人者として世間に知られ、主に学研の児童向け出版本(○年の科学、ひみつシリーズ等)・雑誌や毎日小学生新聞にて執筆した。
また、学習漫画の質の向上を図るべく、学習漫画家の集まりである「LACの会」を立ち上げた実績を持つ。
2002年9月2日、大腸がんのため死去。
67歳没。
作品について 1970-1980年代の日本においては漫画が低俗な文化という認識がPTAを中心に根強く残っており、教育方針として漫画雑誌の閲覧を子供に許さない親は少なくなかった。

関連書籍

学習漫画の第一人者。1935年熊本県出身。 学研まんが ひみつシリーズなど。 2002年9月2日逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「内山安二」と関連する人物