生年月日データベース

小島武夫こじまたけお

プロ雀士[日本]

(「ミスター麻雀」と呼ばれた)

1936年 2月11日

2018年 5月28日 死去心不全享年83歳

小島 武夫(こじま たけお、1936年2月11日 - )は競技麻雀のプロ雀士である。
福岡県福岡市博多区出身。
日本プロ麻雀連盟初代会長・最高顧問。
同団体内での段位は九段。
経歴・人物 雀士としての知名度はトップクラスで、「ミスター麻雀」の異名を取る。
阿佐田哲也・古川凱章らと「麻雀新撰組」を結成。
往年の人気深夜番組『11PM』の麻雀コーナーに登場するなどタレント的人気を博した。
一方で著書(『麻雀-君ならどう打つ』)の記述について天野晴夫にその著書『リーチ麻雀論改革派』において批判されるなど、さまざまな意味でメディアをにぎわせた。
現在は、CSのTV対局・麻雀格闘倶楽部シリーズ・ロン2などで現役として活躍している。
2011年3月21日、麻雀グランプリMAX-2010で優勝。
75歳1カ月でのタイトル獲得で、ミスター麻雀健在を見せつけた。
麻雀においては、ツモった牌を手牌の中にしまったかどうかを相手からわからなくする「小手返し」を得意とし、誰にも見破られなかった青年時代を過ごす。

関連書籍