生年月日データベース

佐久間洞巖さくまどうがん

儒学者画家書家[日本]

(承応2年6月7日生)

1653年 7月1日

1736年 3月22日 死去享年84歳

】 江戸中期の儒者、書画家。仙台の生まれ。名は義和。字(あざな)は子巖。通称彦四郎。別号に容軒、太白山人。崎門学の遊佐木斎に神道、儒学を学び、歴史を研究し、地理に精通。仙台藩で初めて程朱学を講じ、国史の纂修と校勘に当たった。新井白石、室鳩巣、荻生徂徠などと応酬し、白石との贈答の書簡は集められて「新佐手簡」という。晩年は書画に親しむ。承応二~元文元年(一六五三‐一七三六) (引用元 コトバンク)

「佐久間洞巖」と関連する人物