生年月日データベース

児玉果亭こだまかてい

文人画家[日本]

(天保12年1月29日生)

1841年 2月20日

1913年 1月14日 死去胆石症享年73歳
児玉果亭 - ウィキペディアより引用

児玉 果亭(こだま かてい、天保12年1月29日(1841年2月20日) - 大正2年(1913年)1月14日)は明治時代の文人画家。
幼名を丑松。
諱は道広、字を士毅。
画号に果亭・果道人・澹々齋・竹遷山房。
晩年は果老生・果翁と号した。

推定関連画像

児玉果亭さんが誕生してから、183年と10日が経過しました。(66851日)
亡くなってから、111年と48日が経ちました。(40591日)
26260日間 生きました。