生年月日データベース

中村勘三郎なかむらかんざぶろう

歌舞伎役者・17代目[日本]

(本名・波野聖司)

1909年 7月29日

1988年 4月16日 死去享年80歳

中村 勘三郎(なかむら かんざぶろう)は、歌舞伎役者の名跡。
屋号は、初代以降が柏屋、十四代目以降が舞鶴屋、十七代目以降が中村屋。
定紋は、初め丸に舞鶴(まるに まいづる)だったが、のちに角切銀杏(すみきり いちょう)に代わった(詳細は「鶴姫」項の「鶴字法度」節を参照)。
今日ではその丸に舞鶴が替紋として復活している。
解説 当初「中村勘三郎」は江戸三座の一つ・中村座の座元(座を主宰し芝居小屋を経営する者)の名跡だったが、後代になると座元が役者に転じたり、逆に役者が座元を兼ねたりすることが多くなる。
幕末になると「中村勘三郎」は実際に名乗る者がいない「預かり名跡」となった。
これを昭和になって復活させたのが十七代目中村勘三郎である。
中村勘三郎代々 初代 中村勘三郎 山城の武士中村勘兵衛の次男、1597–1658。
異説もある。
猿若勘三郎 → 初代中村勘三郎 二代目 中村勘三郎 初代の二男、1647–74。
中村勘二郎 → 初代中村明石 → 中村明石勘三郎 → 二代目中村勘三郎 三代目 中村勘三郎 初代の三男、1649–78。

】 歌舞伎俳優。(初世)[1598~1658]山城の人。屋号、柏屋。寛永元年(1624)江戸中橋に江戸で最初の歌舞伎劇場猿若座を創立、のち中村座と改称。以後代々俳優と座元を継承。猿若勘三郎。(17世)[1909~1988]東京の生まれ。3世中村歌六の三男。本名、波野聖司(なみのせいじ)。屋号、中村屋。初世中村吉右衛門の弟。義父6世尾上菊五郎の芸風を受け継ぎ、特に世話物に独自の芸境を示した。昭和55年(1980)文化勲章受章。(18世)[1955~2012]東京の生まれ。17世の長男。本名、波野哲明(のりあき)。屋号、中村屋。5世中村勘九郎(かんくろう)として初舞台を踏み、その後も幅広い役柄をこなし人気俳優として活躍。平成17年(2005)18世中村勘三郎を襲名。ニューヨークやベルリンなど海外での公演を成功させたほか、現代演劇やテレビドラマ・映画でも活躍した。 (引用元 コトバンク)