生年月日データベース

トーマス・クーンThomas Samuel Kuhn

哲学者、科学史家[アメリカ]

1922年 7月18日

1996年 6月17日 死去享年75歳

トーマス・サミュエル・クーン(Thomas Samuel Kuhn、1922年7月18日 - 1996年6月17日)は、アメリカ合衆国の科学史家。
通常は「トマス・クーン」と表記される。
米国オハイオ州シンシナティ市のドイツ系ユダヤ人(ユダヤ系)移民の家庭に生まれる(もともとの姓はCohenという)。
ハーバード大学で物理学を専攻し博士学位を取得。
大学院在学中に物理学史の講義を担当したことをきっかけに、科学史研究に転じた。
1962年に発表された主著『科学革命の構造』で、科学の歴史がつねに累積的なものではなく、断続的に革命的変化すなわち「パラダイムシフト」が生じると指摘した。
しかし、ポパー、ラカトシュ、ファイアアーベントらはパラダイム概念に対して否定的で、クーンと彼らの間にパラダイムをめぐる論争が起きた。
特に、1965年7月13日に行われた「批判と知識の成長」と題するシンポジウムにおいて、クーンは徹底的に批判された(後にこのシンポジウムは、「ポパー派によるクーンの袋叩き」と評されている)。

関連書籍