生年月日データベース

北川冬彦きたがわふゆひこ

詩人、映画評論家[日本]

1900年 6月3日

1990年 4月12日 死去享年91歳
北川冬彦 - ウィキペディアより引用

きたがわふゆひこ [生]1900.6.3.大津[没]1990.4.12.東京詩人,映画評論家。第三高等学校を経て1925年東京大学仏法科卒業,仏文科中退。24年安西冬衛,滝口武士らと詩誌『亜』を創刊。『三半規管喪失』(1925),『検温器と花』(26)などでダダイズムの詩風を展開,さらに28年春山行夫,西脇順三郎,北園克衛らとともに『詩と詩論』を起し,シュルレアリスムの運動を推進した。30年『詩と詩論』の高踏的な芸術主義を批判して離れ,三好達治らと『詩・現実』を創刊,プロレタリア詩への傾斜を深めて『氷』(33),『いやらしい神』(36)に一つの頂点を示した。また,短詩運動,新散文詩運動,シネポエム,ネオリアリスムなど次々と詩壇に問題を提起,第2次世界大戦後は現代詩人会の結成に尽力,初代幹事長となるなど,詩壇の興隆と新人の育成に努めた。 (引用元 コトバンク)