生年月日データベース

小山高生こやまたかお

脚本家[日本]

1948年 4月21日 生 (満76歳)

小山 高生(こやま たかお、1948年4月21日 - )は、日本の脚本家、作家。
脚本家集団ぶらざあのっぽ主宰。
大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。
1987年10月より以前は本名の小山 高男名義で活動していた。
自称「アジア最大の脚本家(身長が)」。
東京都昭島市出身。
来歴・人物[編集] 早稲田大学第一文学部卒業。
大学2年生の時に「企画集団Q」に採用され、テレビ番組『クイズタイムショック』の問題作成のアルバイトを経験。
1972年3月に早稲田大学を卒業して、アニメ製作会社タツノコプロに入社。
企画文芸部に所属して、数々のタツノコアニメの企画や脚本を担当した。
企画を担当し最終作まで執筆した『タイムボカンシリーズ』にはとりわけ愛着が深く、復活運動にも力を入れた。
そのタツノコプロは1975年8月に退社。
小山はフリーに転じて他社作品を手がけるようになったが、自分を育てたタツノコプロ自体への恩義は強く感じ、タツノコプロ初代社長の吉田竜夫が没し、スタッフが次々と流出して苦境にあったタツノコプロを支えた。
若い才能の育成に特に熱心で、1986年7月に日本テレビ音楽学院(現:日テレ学院)の教室を借りて、アニメシナリオハウスを開講。
1987年までに、荒川稔久、あかほりさとる、川崎ヒロユキ、影山由美、松井亜弥などを輩出。
ここで育ったライターに仕事を斡旋するため、1988年1月に脚本家集団ぶらざあのっぽを結成した。
2005年4月に大阪芸 ……

小山高生さんが誕生してから、76年と93日が経過しました。(27852日)