生年月日データベース

ヴィルヘルム・ビヤークネスVilhelm Friman Koren Bjerknes

気象学者、海洋学者[ノルウェー]

1862年 3月14日

1951年 4月9日 死去享年90歳
ヴィルヘルム・ビヤークネス - ウィキペディアより引用

ヴィルヘルム・フリマン・コレン・ビヤークネス(ノルウェー語: Vilhelm Friman Koren Bjerknes, 1862年3月14日 – 1951年4月9日)は、ノルウェーの気象学者、海洋学者。
流体力学の分野で優れた研究業績がある。
最初から気象学を志していたわけではなく、研究者人生としての前半は物理学者として過ごした。
父のカール・ビヤークネス(Carl Anton Bjerknes)は数学、流体力学を研究した。
若い時代に、ドイツの有名な数学者ディリクレ(Peter Gustav Dirichlet)の下で流体力学を学んだ。
カールは、クリスチャニア(現在のオスロ)のフレデリク王立大学(後のオスロ大学)の応用数学、後に純粋数学の教授となったが、流体力学とマクスウェルの電磁場理論とを対応づける研究を始めた 。

ヴィルヘルム・ビヤークネスさんが誕生してから、161年と354日が経過しました。(59159日)
亡くなってから、72年と329日が経ちました。(26627日)
32532日間 生きました。

「ヴィルヘルム・ビヤークネス」と関連する人物