生年月日データベース

スティーブ・ハケットSteve Hackett

ミュージシャン、元 Genesis[イギリス]

1950年 2月12日 生 (満69歳)

スティーブ・ハケット - ウィキペディアより引用

『スティーヴ・ハケット』より : スティーヴ・ハケット(Steve Hackett、本名:Stephen Richard Hackett、1950年2月12日 -)は、イギリス・ロンドン出身のギタリスト、シンガーソングライター。
プロのキャリアとしてはCanterbury Glass、Sarabandeといったバンドを経て、1970年にクワイエット・ワールドのアルバム「The Road」でデビュー。
その直後、アンソニー・フィリップスに替わってジェネシスに加入。
同バンドのサード・アルバム「Nursery Cryme 怪奇骨董音楽箱」(1971年)から1977年のライヴ・アルバム「Seconds Out 幻惑のスーパー・ライヴ」まで参加、以降は主にソロ・アーティストとして活動している。
ソロ活動では実弟であるジョン・ハケット(フルート奏者)との共演も多い。
1975年ジェネシス在籍中に初のソロ・アルバム「Voyage of the Acolyte 侍祭の旅」を発表。
ヴォーカルのピーター・ガブリエルが脱退し、ジェネシスとしての活動が停滞していた時期であり、フィル・コリンズ、マイク・ラザフォードも制作に参加している。

映像作品

関連書籍

音楽作品

:アーティスト :ミュージシャン Steve Hackett 1950.2.2、ロンドン出身 元・ジェネシスのギタリスト。 現在はソロで活躍している。 タッピング奏法を始めた人として知られる。 (引用元 Hatena Keyword)