生年月日データベース

レイ・マンザレクRay Manzarek

ミュージシャン・元 The Doors[アメリカ]

1939年 2月12日

2013年 5月20日 死去胆管がん享年75歳
レイ・マンザレク - ウィキペディアより引用

レイモンド・ダニエル・マンザレク(Raymond Daniel Manzarek, 1939年2月12日 - 2013年5月20日)は、アメリカのロックバンド、ザ・ドアーズのオルガニスト。
1967年にジム・モリソンとパメラ・カーソンを立会人として日系アメリカ人のドロシー・フジカワと結婚し、親日家としても知られていた。
レイモンド・ダニエル・マンチャレク(Raymond Daniel Manczarek)の名で1939年にシカゴで生まれる。
ポーランド系アメリカ人であり、1965年にUCLAで映画を専攻しているときにジム・モリソンと出会い、ドアーズを結成。
ドアーズではオルガン、ピアノを担当し、「ハートに火をつけて」では印象的な導入部を創り上げた。
左手でローズ・ピアノベースを弾き、右手でVOXコンチネンタル・オルガンを演奏するのが印象的である。
ブルース、ジャズ、クラシックの影響が強いが、一聴すれば直ぐにマンザレクと分かる個性を持っている。
ジム・モリソンの死後マンザレクはロビー・クリーガー、ジョン・デンスモアと共にドアーズの活動を継続。

映像作品

関連書籍

音楽作品

ザ・ドアーズのピアノ、オルガン奏者。 1939年2月12日生まれ。 1965年にUCLAで映画を専攻しているときにジム・モリソンと出会い、ドアーズを結成。 ジム・モリソンの死後、ロビー・クリーガー、ジョン・デンスモアと共にドアーズの活動を継続。2枚のアルバムを残し、1972年に解散。 1983年、カール・オルフ『カルミナ・ブラーナ』をシンセサイザーで演奏したソロアルバムを発表。 2013年5月20日、肝外胆管がんにより死去。 (引用元 Hatena Keyword)