生年月日データベース

飛鳥高あすかたかし

推理小説作家[日本]

1921年 2月12日 生 (満98歳)

飛鳥 高(あすか たかし、1921年2月12日 - )は、日本の小説家、推理作家。

山口県出身。
山口高等学校 (旧制) 旧制山口高等学校、東京大学 東京帝国大学工学部卒業。
本名は烏田専右(からすだ せんすけ)。
工学博士、一級建築士。
ポリテクニックコンサルタンツ社長、清水建設常務取締役などに就任した。
本名ではコンクリート工学の論文も執筆している。

1946年 「犯罪の場」が探偵小説雑誌『宝石 (雑誌) 宝石』(岩谷書店)の第1回懸賞募集に入選。

1957年 『背徳の街』(後に『疑惑の夜』と改題)が第3回江戸川乱歩賞の最終候補作となる。

1959年 『疑惑の夜』が、東映により監督:小林恒夫、主演:高倉健で映画化される(映画のタイトルは『疑惑の夜』)。

1961年 『死を運ぶトラック』が、東宝により監督:福田純、主演:佐藤允で映画化される(映画のタイトルは『情無用の罠』)。

関連書籍

小説家(1921年(大正10年)〜) 山口県生まれ。 本名:烏田専祐(からすだせんすけ) 東京帝国大学工学部を卒業して建築技師に。 1946年(昭和21年) 宝石社の雑誌「宝石」の行った第1回懸賞応募に「犯罪の場」を投じて入選、「宝石」47年1月号に掲載される。 『細い赤い糸』で1962年度第15回日本探偵作家クラブ賞受賞 (引用元 Hatena Keyword)