生年月日データベース

トゥンク・アブドゥル・ラーマンTunku Abdul Rahman

政治家、初代首相[マレーシア]

(「マレーシア独立の父」)

1903年 2月8日

1990年 12月6日 死去享年88歳
トゥンク・アブドゥル・ラーマン - ウィキペディアより引用

トゥンク・アブドゥル・ラーマン(Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj ibni Almarhum Sultan Abdul Hamid Shah、1903年2月8日 - 1990年12月6日)は、「マレーシア独立の父」であり、1947年に結成され1957年に独立したマラヤ連邦の初代首相である。
1963年にマラヤ連邦、サバ州、サラワク州、シンガポールが統合してマレーシアとなった際に、初代首相に就任した。

推定関連画像

トゥンク・アブドゥル・ラーマンさんが誕生してから、121年と26日が経過しました。(44221日)
亡くなってから、33年と90日が経ちました。(12143日)
32078日間 生きました。