生年月日データベース

宮内タカユキみやうちたかゆき

歌手[日本]

1955年 2月4日 生 (満64歳)

宮内 タカユキ(みやうち タカユキ 本名:宮内堂千(読みは芸名と同じ)、1955年2月4日 - )は、茨城県小美玉市出身の歌手。
中学一年生の時からビートルズ、ベンチャーズなどに影響を受け、土浦日本大学高等学校に入りアマチュアバンドを先輩たちと結成しドラムを担当した。
1981年、ロックバンド「WHY」を結成しボーカルを担当し、『愛なら潮騒』でテイチク(現:テイチクエンタテインメント)よりデビュー。
1984年、『超電子バイオマン』でソロボーカリストとしてデビュー。
その後、『ビデオ戦士レザリオン』『仮面ライダーBLACK RX』『特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』『特捜エクシードラフト』など多くのアニメ・特撮作品のオープニング・エンディング曲を担当。
1992年、内山田洋とクール・ファイブに短期間参加する。
1998 - 2000年にかけて、秘密結社不気味社より『豪快な宮内』シリーズ4作を発表している。
2003年に重度の急性膵炎を患うが、2004年の「ANIME JAPAN FES スーパーヒーロー魂」で復活を遂げる。

映像作品

関連書籍

ミュージック

ダウンロード

歌手。 誕生日:2月4日 血液型:O型 出身地:茨城県 1984年、「超電子バイオマン」の主題歌でソロボーカリストとしてデビュー。以降、力強い美声と安定した歌唱力を武器に、「ビデオ戦士レザリオン」「銀牙 流れ星 銀」「仮面ライダーBLACK RX」「特警ウインスペクター」「特救指令ソルブレイン」「特捜エクシードラフト」など、数多くのアニメ・特撮作品のテーマ曲で活躍。 そんな主題歌の数々のみならず、バッファローマンやビッグ・ザ・武道などの強さを文字通り力強く歌い上げた「キン肉マン」のキャラクターソングや、「輝け!フラッシュキング」「銀河の王者 ギンガイオー」といった戦隊ロボのイメージソング、そして「ギャラクシーエンジェル」で印象的に使用された"ヒーローソングのパロディソング"「戦え僕らのXXX」「戦え!エンジェルファイブ」などなど、挿入歌にも名曲が多いベテランシンガー。 内山田洋とクールファイブのメンバーとしても活動していた(現在の活動は不詳)。 (引用元 Hatena Keyword)