生年月日データベース

斎藤栄さいとうさかえ

推理小説作家[日本]

1933年 1月14日 生 (満87歳)

斎藤 栄(さいとう さかえ、1933年1月14日 - )は日本の推理小説家。
東京都大田区出身。
神奈川県立湘南高等学校在学時に、石原慎太郎らと共に同人誌『湘南文芸』を発行。
東京大学法学部卒業後に地方公務員となり、横浜市役所に勤務。
業務の傍ら執筆を続け、『星の上の殺人』が「宝石」に掲載。
『愛と血の復活』が江戸川乱歩賞候補となり、また日本推理作家協会賞の候補にもなる。
『殺人の棋譜』で江戸川乱歩賞受賞(1966年)。
1972年から作家活動に専念。
占術ミステリーの『タロット日美子』シリーズ、トラベルミステリーの『江戸川警部』シリーズ、社会派ミステリーの『魔法陣シリーズ』、警察庁特捜班の『小早川警視正』シリーズなど多数。
代表作に『奥の細道殺人事件』『Nの悲劇』や、『水の魔法陣』『火の魔法陣』『空の魔法陣』の「魔法陣三部作」など。
将棋ファンとして知られており、将棋を題材にした著書も多数ある。
1997年、第4回大山康晴賞を受賞。
2007年のNHKBSの大逆転将棋に出演。
羽生善治と投了図対局を行い勝利を収める。
受賞歴 1963年 『機密』で宝石中篇賞 1966年 『殺人の棋譜』で第12回江戸川乱歩賞 著書 1966 殺人の棋譜 講談社 1966 のち春陽文庫、講談社文庫、徳間文庫1967 真夜中の意匠 遺産相続殺人事件 講談社 1967 のち春陽文庫、講談社文庫、集英社文庫1968 愛と血の炎 三一書房 1968 (さんいちぶっくす)1969 紅の幻影 講談社 1969 のち文庫「勝 ……

関連商品