生年月日データベース

サムエル・ワンジルSamuel Kamau Wanjiru

陸上マラソン選手[ケニア]

(北京五輪金メダル)

1986年 11月10日

2011年 5月15日 死去自殺享年24歳
サムエル・ワンジル - ウィキペディアより引用

サムエル・カマウ・ワンジル(Samuel Kamau Wanjiru, 1986年11月10日 - 2011年5月15日)は、ケニア出身の男性陸上競技選手(長距離種目)。
2008年北京オリンピック男子マラソン金メダリストで、ハーフマラソンの元世界記録保持者でもある。
日本の高校へ留学し、日本における陸上競技選手としても活躍した。
マラソンではスプリントの切れ味で決着をつけるタイプではなく、長いスパートを自ら仕掛けてレースを動かし主導権を握るのが得意なスタイルだった。

推定関連画像

サムエル・ワンジルさんが誕生してから、37年と114日が経過しました。(13628日)
亡くなってから、12年と293日が経ちました。(4676日)
8952日間 生きました。